FC2ブログ
私の名は諸葛鳳雛、世界一の人気者であり、世界屈指の大金持ちであり、君らのクラブのリーダーです
2015年10月07日 (水) | 編集 |

『百万ドルをとり返せ!』 著:ジェフリー・アーチャー



これから小説の感想を書こうと思います。
ミステリーの類は好きではないのであまり書かないと思います。

記念すべき第一弾はこの百万ドルをとり返せ!です




ハーヴェイ・メトカーフというウォール街で成り上がった詐欺師の
手にひっかかって北海油田に絡んだ幽霊会社の株をつかまされ、
合計100万ドルを失った四人があの手この手を使ってとり返しにかかかります。

天才数学者のスティーブン、医者のロビン、画廊を経営しているジャン・ピエール、英国貴族の御曹司ジェイムズ
この4人がそれぞれの専門分野を活かしてプランを立てるというのがおもしろかったです。
ジェイムズは結婚式にかこつけてたけど本当のプランがなんだったのかよくわかりませんでしたが。

一滴の血も流さず百万ドル(と経費)をとり返したので爽快感がありました。
経費の1ドルとちょっとはとり返せなかったんだっけ?
最後に投資したプロスペクタ・オイルの株が上がってしまいその分の金をハーヴェイに
返そうと言ってたのもおもしろい。

ハーヴェイが予想外の行動を取って突如としてプランの変更を余儀なくされたりしてどうなることかと思ったりもしました。
でも、ジェイムズのお相手のアン・サマートンがハーヴェイの娘のロザリーだとは思いもよりませんでしたが。
そのアンのおかげで取られた金の一部を取りもどせたわけですけどね。

バーヴェイですが悪者のはずなのにあんまり憎めません。
彼も人間ということで巧みに騙されてくれます(笑)

アーチャー作品は他にもいろいろあるようなので読んでみたいと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック