FC2ブログ
私の名は諸葛鳳雛、世界一の人気者であり、世界屈指の大金持ちであり、君らのクラブのリーダーです
2017年03月09日 (木) | 編集 |
2017y03m08d_202828314.jpg
アルセーヌ・ルパン 緑の目の令嬢     著:モーリス・ルブラン


アルセーヌ・ルパンの16作目です
緑の目の令嬢オーレリーがワルなのかと思いきや、
実は悪党どもの遺産狙いに巻き込まれていただけだという
それをルパンが助けてあげるわけですが


遺産の正体が湖の底に沈むローマ帝国時代の遺跡とミネラルウォーター
宮崎さんはカリ城のラストはここから拝借しているようですね
オーレリーの心を射止めることはできなかったようですが


この作品はすごいと思えるようなトリックもなかったのでまあまあといったところでしょうか
序盤にちらっとでてきたベークフィールドさんは生きててほしかったです









スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック