FC2ブログ

狼と香辛料ⅩⅥ 太陽の金貨〈下〉

ice_screenshot_20171224-173656.png
狼と香辛料ⅩⅥ   著:支倉 凍砂


物語も大詰めに
レスコの町に店を買うことができたロレンス。
だがこのままうまくいって終わりとはいきません。
なんとデバウ商会が内部分裂。
急進派は北の地を攻めようとしているとか。
騒動のせいでロレンスは仕方なく店を手放すことに。


兎のヒルデというデバウ商会の会計係が助けを求めてきます。
ロレンスとホロはなし崩し的にヒルデに手を貸すことに。
ロレンスはミューリ傭兵団とスヴェルネルという町を目指し、
ホロはキッシェンへ禁書の買い付けに。


ホロの合流は終盤くらいになるのかと思っていたら意外と早かったですね
で、この禁書買い付けには成功しましたが、なんの役に立ったんですか?
よくわからなかったんですけど。


途中で金になびいたフーゴ傭兵団の裏切りにあったもののホロの助けで辛くも危地を脱出するロレンス。
ホロは久しぶりに元の姿に戻りましたね、やっぱり狼の姿のホロは強い。
「助けたのは間違いじゃったかもしれぬ」と意味ありげなこと言っていましたが、
その言葉の意味が明らかになりませんでしたね。


金の力ですべてを思うがままにしようとしていたデバウ商会の急進派は結局足元をすくわれました。
顧客から預かっていた金を勝手に使っていたってことでよろしいんでしょうか?
結局ヒルデ側が勝利し、スヴェルネルには造幣所が建てられることに。


ロレンスは商人がすべてを支配すれば理不尽なことも減ると最初思っていましたが、
そうでもなかったようですね。
この世界の商人は貪欲なやつばかりですからそうはうまくいかないでしょう。


で、実質上これが最終巻のようです。まだ後日談がありますけれど。
え?これで終わりですか?
まだヨイツに辿り着いてないじゃないですか。ロレンスも店を手放したままですし。
ホロが考えた店の名前も聞いてませんね。
後日談でちゃんと店を手に入れるのでしょうか?

スポンサーサイト



2017-12-24(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

諸葛鳳雛

Author:諸葛鳳雛
諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
アニメ感想・読んだ本の感想などを書いています
爆裂魔法で世界制覇します!

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


このブログの紹介はこちら

かうんたー
ついったー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

よかったらポチっとしてくださいね
web拍手
なにかあればどうぞ
リアルタイム市況
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
地球の名言

presented by 地球の名言

QRコード
QR
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる