FC2ブログ
私の名は諸葛鳳雛、世界一の人気者であり、世界屈指の大金持ちであり、君らのクラブのリーダーです
2020年04月17日 (金) | 編集 |
ice_screenshot_20200417-210519.jpeg
再びエルドラへ

アルスの意図とは一体・・・
ice_screenshot_20200417-205649.jpeg
エルドラの遺跡からビルドダイバーズに呼びかけるフレディ
ミッション参加の「YES」ボタンを押すカザミ
いざエルドラへ!


ice_screenshot_20200417-205911.jpeg
そして、再びエルドラの遺跡にワープするビルドダイバーズ
フレディがヒロト・・・ではなくカザミに抱きついてきてうれしそうです
あれ?ガンプラの出現が襲いですね?
って、ヴァルキランダーとジャスティスナイトが出現しないー!
ガンプラもヒロトたちも光る砂でできていたそう
砂が吹き飛ばされて足りない?


ice_screenshot_20200417-210203.jpeg
とりあえず村へ行くヒロトたち
村人に冷たい目で見られるかと思いきや、
歓迎してくれました、よかった!


ice_screenshot_20200417-210403.jpeg
村長たちと対談、コアガンダムの盾のおかげで助かったそう
そこへムランがやってきました、生き残っていたのか!
ムランはヒロトたちがマサキみたいに裏切ったのではと思っていたそう、そんなわけないだろ!
あの鍵は本来マサキが使う筈だった
アルスに洗脳されているのではないかと思いますがね


ice_screenshot_20200417-210527.jpeg
遺跡に砂が足りないと言うと他の遺跡を使ってみては、とムラン
これではアルスのいる月を目指せない
レジスタンスが確認しているだけで他に3つあるそう
よし、行ってみよー


ice_screenshot_20200417-210710.jpeg
一つはヒトツメがいるところなのでヒロトとメイが
二つめはカザミがマイヤに車運転してもらって行く
三つ目はムランが車運転してパルとフレディがついて行く
そういうことに決定!
マサキは裏切ったわけではないのではとムランに伝えるヒロト

ice_screenshot_20200417-211354.jpeg
ヒロト・メイチームはヒトツメのMS3体に遭遇
ちゃちゃっと倒せる・・・ことはない!
なんだ、コイツら強いぞ!
ヒトツメが強化されたようです
それでもヒロトとメイの連携プレイで3体を撃破


ice_screenshot_20200417-211708.jpeg
戦闘終了後、ヒロトはヒトツメの機体を調べます
すると人工知能(?)みたいなのがでてきました
メイの銃で撃たれて沈黙、なんなんだありゃ?
ヒトツメってアルスの意思で動いてるのかな?
残念ながら一つめ遺跡の被害は酷いものでした


ice_screenshot_20200417-211210.jpeg
カザミ・マイヤチームは車をすっ飛ばします
これは道交法に違反してるなあw
カザミはマイヤをゲームキャラではなく命ある人と認識したようです


ice_screenshot_20200417-212015.jpeg
ムラン・パル・フレディチーム
え?聖獣のいる遺跡が空中にある?ラピュタかな?
パルとフレディが気球に乗って行くことに
ムランは乗れないようです
車はあっても飛行機はないのか


ice_screenshot_20200417-212053.jpeg
最後に暴走しているゼルトザーム
味方を攻撃している?
マサキの様子が変です
洗脳が解けかかっているのかな?




スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
自分のガンプラが砂と消えたらショックでしょうねえ。
完全召喚はお預けですが、復活時にその分活躍してくれると願いましょう。
ムランさんだけでも生きてくれていて良かったです。
2020/04/18(土) 15:15:28 | URL | 闇鍋はにわ #dvQckJnQ[ 編集]
闇鍋はにわさん、コメントありがとうございます。

>自分のガンプラが砂と消えたらショックでしょう
>ねえ。

まさか砂でできているとは思いませんでした。

>完全召喚はお預けですが、復活時にその分活躍して
>くれると願いましょう。

ヴァルキランダーとジャスティスナイトはパワーアップしているかもしれませんね。

>ムランさんだけでも生きてくれていて良かったです。

ですねー。マサキと知り合いのようですし。
2020/04/19(日) 22:30:55 | URL | 諸葛鳳雛 #RmVAfd/w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック