FC2ブログ
私の名は諸葛鳳雛、世界一の人気者であり、世界屈指の大金持ちであり、君らのクラブのリーダーです
2020年04月24日 (金) | 編集 |
晏子
作:宮城谷 昌光

清廉な将軍
晏子(晏嬰)は諸葛孔明が荊州で晴耕雨読の生活を送っていた頃、
「梁甫の吟」を口ずさんで晏子の才を褒めていたと言います
なので読んでみたくなりました

実は晏子は中学の頃文庫本で1巻だけ読んだことがあります
内容はさっぱり忘れてしまって「国佐」という人物が出てきたことだけ覚えてました(ぉ)
なぜ続きを読まなかったのかは謎です
しっかし「楽毅」と違って字は小さいしページも多くてボリュームがありました(汗)

まず「晋」の国の使者「郤克」(ゲキコク)を「斉」の「ケイ公」がからかったことからはじまります
大いに憤激した郤克は斉の国を恨みます
で、戦争にまでなってしまうと、人を怒らせていいことはないな

主人公は晏嬰の父親の「晏弱」です
晏弱という人は全く知らなかったのですがすごい人ですね
この晏弱さん何度も郤克に殺されそうになります
が、いつも冷静で死地を切り抜けます、すごい…

でも、斉の国では「高氏」か「国氏」しか将軍になれないという保守的体質
晏弱が将軍になれたのは終盤にさしかかってからですね
莱という国を攻めますがどう攻略するかですね

「崔チョ」という野心家がでてくるのですが…
コイツが酷い、謀略で「高ムケイ」という人を国外逃亡させ、
恨みのある国佐をブチ殺してしまいます
うん、コイツはいずれ破滅するな
晏弱の敵になりそうな予感

衛の国のお偉いさんに「孫良夫」とかいうやつがでてきますが、
コイツもヒドイ、自分が一番偉いと思っているようで命令が滅茶苦茶
衛の王さんはなんでこんなやつ使ってるのか
孫氏の力が強くて使わざるを得ないのかな?
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック