FC2ブログ
私の名は諸葛鳳雛、世界一の人気者であり、世界屈指の大金持ちであり、君らのクラブのリーダーです
2020年06月29日 (月) | 編集 |
ice_screenshot_20200629-202844.jpeg
vsステイル・マグヌス

炎には水で対処ですが・・・
ice_screenshot_20200629-202848.jpeg
インデックスを狙ってあらわれた魔術師ステイル・マグヌス
タバコ吸ってピアスとチャラ夫っぽいw
インデックスはフードを忘れて戻ってきたみたい


ice_screenshot_20200629-202908.jpeg
ステイルが狙っているのはインデックスの10万3000冊の書物
インデックスは頭に10万3000冊の魔道書を1字1句暗記しているそう
ああ、なんでも覚えられる能力って聞いたことありますね
現にそういう人いたそうです


ice_screenshot_20200629-203149.jpeg
インデックスを回収しにきたというステイルにブチキレる上条さん
ステイルは炎の魔法で攻撃
しかーし!神様の奇跡すら消す右手で炎は消滅!


ice_screenshot_20200629-203448.jpeg
驚いたステイルはイノケンティウスを召喚
炎の十字架で攻撃してきやがります
このイノケンティウス、上条さんの右手で炎を消しても復活するようです


ice_screenshot_20200629-203509.jpeg
イノケンティウスはルーン文字で発生させている
インデックスが機械的な口調で教えてくれます
が、ルーンの数が多すぎて消すのは不可能


ice_screenshot_20200629-203636.jpeg
三十六計逃げるにしかず、というわけで非常階段から逃走
イノケンティウスが追ってきて地面に落ちる上条さん
駐輪場の屋根がショックを和らげてくれてよかったー
さあ、どうする


ice_screenshot_20200629-203928.jpeg
アパートにスプリンクラーから水がでてきます
エレベーターで再びステイルの前にあらわれた上条さん
イノケンティウスはこんなことでは消えないと豪語するステイル


ice_screenshot_20200629-204121.jpeg
だが、上条さんの真の狙いはルーンを書いた紙
スプリンクラーの水でルーンのインクは消えてしまいましたとさ
イノケンティウスは上条さんの右手で消滅
ステイルには強烈な一撃を見舞ってノックアウト、勝負あり!


ice_screenshot_20200629-204425.jpeg
インデックスを外に連れ出す上条さん
インデックスが言うには学園都市の学生には魔術は使えないそう
上条さんは魔術師にはなれないのか・・・
しかし「学生には」でひらめく上条さん


ice_screenshot_20200629-204503.jpeg
小萌先生のアパートにインデックスを連れて行きます
教師なら魔術が使えるということですか
この先生実は大人らしくビールやタバコをやりまくってます


ice_screenshot_20200629-204542.jpeg
インデックスがまた機械口調で15分後に生命活動を停止する、と言い出します
上条さんがいると右手で魔術が打ち消されてしまう、できることはなにもない
悔しいながらもその場を立ち去る上条さんでした・・・


ice_screenshot_20200629-204736.jpeg
最後にもう1人の魔術師がでてきました




スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
とある魔術の禁書目録II「第2話 法の書」に関するアニログです。
2020/06/30(火) 18:38:07 | anilog