FC2ブログ
私の名は諸葛鳳雛、世界一の人気者であり、世界屈指の大金持ちであり、君らのクラブのリーダーです
2020年07月02日 (木) | 編集 |
晏子(下)
宮城谷 昌光:著

晏弱から晏嬰へ
時代は晏嬰の活躍に移りました
晏嬰はやがて斉の宰相にまで上り詰めます
ですが・・・

活躍がすくね~

晏嬰と関係ないところで事が進んでますよ
崔氏と慶氏も勝手に滅んでますし
諸葛孔明が口ずさんでいた梁甫の吟で歌っていた
二個の桃で三氏を殺すといった逸話もナシ
王さんにズバスバ直言していたくらいです

この下巻はあまりおもしろくありませんでした
楽毅のほうがおもしろかったです
晏弱さんは将軍になって莱の国攻め取ったりしましたが
晏嬰の活躍が今ひとつ
エピソードがないのでしょうか、もちっと動いて欲しかったですよ

どうも消化不良でしたねえ・・・
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック