FC2ブログ
私の名は諸葛鳳雛、世界一の人気者であり、世界屈指の大金持ちであり、君らのクラブのリーダーです
2021年01月20日 (水) | 編集 |
ice_screenshot_20210120-061812.jpeg
希望を取り戻したスバル

オットーは偉大
前回オットーに活を入れられて終わりました
オットーに諭されてスバルをすべてを話します
死に戻りのことも話したんでしょうか
スバルを立ち直らせたオットーさんナイスです
1期で馬車からスバルを突き落としたやつとは思えません

再びやる気になったスバルをロズワールのところへ
「賭けをしよう」と
スバルがすべてを解決したらエミリアを王様にする
不承不承ですがロズワールはその賭けを受けます
屋敷襲撃と聖域が雪に覆われるのは3日後だと教えてくれました

次にスバルは初代リューズが封印されているところへ
そこにはジジイ口調のリューズがいました
リューズは4人(今は3人)の交代で努めているそう
そしてガーフィールの過去
ガーフィールが墓所で見たのは母親が自分を捨てて聖域から出ていくところ
ガーフィールが「ティンゼル」と母親の姓を名乗っているのも母親に対する思い入れから
それが外の世界を恐れている負の感情になっているそう

次にスバルはエミリアたんのところへ
一晩中寝られなかったみたいよ
エミリアの心の傷である過去を教えてほしいとスバル
でも長い間氷で封印されていた以前の過去は覚えていないそう
王戦に参加したのはロズワールの力を借りて凍り付けになったみんなを元に戻すため
そこでスバルはパックに聞くことに
スバルがいなくなった後パックはエミリアの記憶の蓋を外すために消滅してしまうのでした
そのショックでエミリアは気を失うのでした

次の日、エミリアがいなくなります
ガーフィールがリューズを使って捜そうとしますがどこにもいません
リューズを捜して封印の結晶のところへ行くとオットーが待ち受けます
スバルは墓所に向かいますそこにはうずくまっているエミリアが
そしてエミリアから過去の話を聞こうとするのでした




スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
>死に戻りのことも話したんでしょうか

話せませんよ
それ話すと心臓が潰される縛りは有効なままですからね
原作でスバルの話を聞いたオットーのリアクションは下記の通りです

「ナツキさん・・・聞かなかったことにして、逃げ出したらいけませんかね?」
「だって!大兎が襲ってくる場所に閉じ込められてる上に、脱出するには『試練』を突破できるか微妙なエミリア様に頼るしかなくて、せめて結界に引っかからない人たちだけでも避難させるのは分からず屋に邪魔されてて、なんとか屋敷に帰り着いたらそのお屋敷の主人の命令で殺し屋が襲ってくるって……どれだけ日頃の行いが悪かったら、そんな状況になるんですか!?」
と、ビビりまくりですが、つまりは証拠もないスバルのトンデモナイ話を全て信じてくれました
2021/01/20(水) 18:28:18 | URL | 通りすがりの幻想殺し #-[ 編集]
通りすがりの幻想殺しさん、コメントありがとうございます。

>話せませんよ
>それ話すと心臓が潰される縛りは有効なままですからね

あ、その縛りまだ有効なんですね。

>と、ビビりまくりですが、つまりは証拠もないスバルのトンデモナイ話を>全て信じてくれました

オットーなんていいやつなんでしょう、見直しました。
なんか1期でスバルを馬車から突き落としたことがありましたが。
2021/01/22(金) 22:22:18 | URL | 諸葛鳳雛 #RmVAfd/w[ 編集]
>なんか1期でスバルを馬車から突き落としたことがありましたが

あの時のオットーにとってはスバルは出会って数時間の雇い主に過ぎませんし、
白鯨の足止めをしたレムが存在を消され、レムの事を忘れた事で白鯨の能力を知らないスバルに本気で殴られましたし、
言霊の加護の影響で白鯨の声が聞こえて錯乱状態でしたし、
スバルが白鯨が追ってくるのは自分の魔女の残り香が原因と口にしてしまったので無理もありません

あの周回でも白鯨の足止めに向かおうとするレムを止めようとしたり、
人の良い部分は見せてます
2021/01/23(土) 00:39:30 | URL | 通りすがりの幻想殺し #-[ 編集]
通りすがりの幻想殺しさん、コメントありがとうございます!

>あの周回でも白鯨の足止めに向かおうとするレムを止めようとしたり、
>人の良い部分は見せてます

まあ、出会って間もない頃だったから仕方ないってことですね。
信頼関係ができてきたんでしょうね。
2021/01/24(日) 22:55:15 | URL | 諸葛鳳雛 #RmVAfd/w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック