三国演義 第16話 「官渡の戦い(後編)」



曹操が華北を手に入れました


曹操自らが軍を率い袁紹軍の食糧貯蔵庫である烏巣に夜襲をかけます
火矢で食糧と陣を焼き払い敵将淳宇ケイは張遼が仕留めます
烏巣急襲の知らせを聞いた袁紹は張郃と高覧が救援を願い出るも
軍師郭図が曹操軍の本陣を突くべきだと主張したので悩みます(←決断力なし)
官渡へは張郃と高覧を烏巣には蒋奇(聞いたことがない)を派遣します
曹操は蒋奇などをよこすとは私も甘く見られたものだと言い
味方を装った張遼軍に敢無く蒋奇は討ち取られます
曹操の偽情報で袁紹は新たな軍勢を官渡に回してしまいます

官渡から戻ってきた張郃と高覧は敵の本陣は手薄ではないと告げます
そこへ曹操からの使者がやってきて袁紹を挑発する書状と生首(グロい)を送ってきました
袁紹は激怒します
曹操軍本陣の奇襲に失敗した郭図は身の危険を感じ張郃と高覧が寝返ろうとしていると讒言
二人は本当に寝返ってしまいました

だがそんな折曹操の軍師郭嘉が病に倒れます
死を悟った郭嘉は最後の策を曹操に授けます
いざ決戦と言う時に郭嘉は逝ってしまうのでした
曹操は手に持っていた物を落とし悲嘆にくれるのでした
郭嘉の死ちと早くないか袁キ・袁尚の兄弟を倒すまで生きていたような

ついに曹操軍と袁紹軍の決戦が始まる
曹操は兵士達に激を送りいざ両軍激突…という時にはしょりかい
曹操は袁紹に完全に勝利しました
袁紹は牢に繋がれている田豊に宝剣を送り、その意味を悟った田豊は自害して果てます
曹操は捕えた祖授を味方につけようとしますが馬を奪って逃げようとしたため部下が矢で射とめます
本当は捕まって牢に入れられて逃げようとして殺されたと聞きました

袁紹本陣から許都にいる味方が内通した書状が大量に発見されます
しかし「曹操は袁紹が強大だった頃は私も自らの身を守ることで必死だった、下の者なら尚更だったろうから今回は不問に付す」と言い自らの手で書状を全て焼き払ってしまいます
なんて度量の深い感心しますね

曹操は郭嘉の墓参りをして涙にくれます
「私の孤独を知っていたのは君だけだったかもしれない」と
それほどまでに信頼して寵愛していたのか
郭嘉の死は曹操にとってイタいですね
そして曹操は次なる望みに移るのでした

次回は三顧の礼!?もうかよはやっ!




FC2のブログランキングに参加しています

スポンサーサイト
2010-07-19(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとうございます。 

>二人は本当に寝返ってしまいました

 この作品では夏候淳が疑い役でしたが、別作品では曹洪でした。でも曹操はこちらがきちんと待遇すれば疑心を持つ彼らでも本気になってつくしてくれると言って受け入れたそうです。こんな凄いキャラをエロで悦になるキャラが作られるならまだしもTVで公開されるご時世です。やるせないなぁ。卑しい人材スタッフがアニメやテレビにまでいるよ。

>郭嘉の死ちと早くないか袁キ・袁尚の兄弟を倒すまで生きていたような

 その通り。

>度量の深い感心しますね

 ふふふ、ユリウス・カエサルも同じ事をしましたよね。乱世には上に立つ人間に器がないと世の中は変わりませんね。金だけでは動かない。
2010-07-19 19:57 | 五遷筲始 | URL   [ 編集 ]

 

>五遷筲始さん

コメントありがとうございます!!

>でも曹操はこちらがきちんと待遇すれば疑心を持つ彼らでも本気になっ>てつくしてくれると言って受け入れたそうです。

そうなんですかなんという度量の深い人物、それで人材が
多くあつまったんですかね。
謀萌え三国志マジでやめてほしいです。

>ふふふ、ユリウス・カエサルも同じ事をしましたよね。
>乱世には上に立つ人間に器がないと世の中は変わりませんね。
>金だけでは動かない。

利だけでは人は動きませんか。
器の大きい人物が今の政界にはいませんね。
2010-07-21 20:31 | 諸葛鳳雛 | URL   [ 編集 ]

プロフィール

諸葛鳳雛

Author:諸葛鳳雛
諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
アニメ感想・読んだ本の感想などを書いています



コメント・TB大歓迎です!





このブログの紹介はこちら

かうんたー
ついったー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

よかったらポチっとしてくださいね
web拍手
なにかあればどうぞ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
地球の名言

presented by 地球の名言

天気予報
QRコード
QR
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる